« 記憶が+、未来想像が−、の時代の空気 | トップページ | 時間活用をロングランで考える »

「ドラッカー学会」から年報が届く

120513_17_46_13

「ドラッカー学会」から年報が届く。
「Annual Report 2012」、文明とマネジメント。
見ると、vol7となっている。
設立からはや7年になるということだ。

中身は、研究論文あり、エッセイがあり、講演録など、
ドラッカーに関するトピックが満載。

ドラッカー教授が亡くなったのは2005年。
つまり、その年に、日本で学会が立ち上がった。
それから7年が経過する。
書店では、「もしドラ」のヒットもあり、ドラッカー本のコーナーはいまだ盛況だ。
こうしたロングセラーこそ、本物であると思う。
歳月を重ねる古典にこそ、本質が語られているに違いない。
今日も、ドラッカーに学ぼうと思う。

« 記憶が+、未来想像が−、の時代の空気 | トップページ | 時間活用をロングランで考える »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記憶が+、未来想像が−、の時代の空気 | トップページ | 時間活用をロングランで考える »