« インソール入り、ランニングシューズ | トップページ | 北海道の春 »

札幌=江別をランニング

午前中、子どもの部活へ送迎するついでに野幌総合運動公園を走ってみる。
ここは、1周ちょうど3kmの周回コースになっている。
適度に上り下りがあり、ラグビーや野球、陸上ホッケーにテニスを観戦しながら走ることができるので、あきない。
気が向けば、林間コースにも入っていけるので快適なコースであることを再認識した。
約1時間、10キロを走って帰宅。
もろもろの用事を終え、今度は札幌へ通勤ランならぬ、走って仕事の打合せに行く。
予定では、24キロと表示されている工程を3時間少々で完走し、苗穂の温泉に入り整え、エネルギーを補給して打合せに臨もうという算段だ。

国道12号線を一路、札幌へ向かう。
野幌の旧ポスフールあたりが5キロ。
大麻の札幌学院前あたりが10キロ。
大谷地から進路を変えて、白石サイクリングロードへ入る。
標識では東札幌まで9.4キロとなっている。
そして東札幌を経て、ゴールの苗穂駅前「蔵の湯」へ向かう。
後にパソコンで計ってみたら距離合計は27kmであった。

水分は途中で買い、持って走ったポカリスウェット。
今回はテストをかねて、小さなリュックサックを背負ってみた。
シューズは、はきなれた古い方を選択。
やっぱり、3時間ほどでお腹がすいてくることもわかった。

もちろん、帰りはJR。
新しい練習コースを今日は2つも発見した日であった。

« インソール入り、ランニングシューズ | トップページ | 北海道の春 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インソール入り、ランニングシューズ | トップページ | 北海道の春 »