« 「飛び回る日」系の1日 | トップページ | 安藤忠雄氏「自ら仕事を創造せよ」から »

生活が激変

子どもたちの高校進学により、我が家の生活も激変した。
ウチは2人、いっぺんだから、環境の変化も一気に現れる。
特に、朝のようすがガラリと変わった。
6時過ぎには食事をすまし、
7時前には2人とも出発する。
もう、7時のニュースのころには「しーん」としている。
「以上、完了!」という趣だ。

帰りは、今のところ18時とか20時くらいだが
部活に入るとそれも変わってくるという。
カバンが重いというので、計ってみたら、なんと13kgにもなっていた。
けれど、毎日が楽しいという。
いろいろと新鮮な刺激にあふれているからであろうか。
そんな彼らを見ていると、
頼もしさと、こちらにまで元気がもらえる。
「がんばりすぎずに、精一杯」。
子どもたちに向けたエールは、そのまま、自分へのことばと重なる。

« 「飛び回る日」系の1日 | トップページ | 安藤忠雄氏「自ら仕事を創造せよ」から »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「飛び回る日」系の1日 | トップページ | 安藤忠雄氏「自ら仕事を創造せよ」から »