« あの日から1年 | トップページ | 3月も残り10日 »

プレゼン・コンペの日々

3月前半からのこの2週間は、1年の中で最も忙しく、かつ緊張感ただよう日々となった。
行政関係のプロポーザル、いわゆる企画コンペの案件が重なる。
これらを獲得できるか否かで、1年間の仕事があるかないかに関わる重大な局面を迎えていた。
ワタシが主体となって企画書を作成するもの、
部分的に参画するもの、
チームの一員となって参戦するもの、
いろいろな形態で戦う。
なんだかんだと、結局、6つのプロポーザルに関わることとなった。
しかし、これはある意味、ありがたい。
ワタシの微力ながらも力を必要としてくれる方々がいらっしゃるということだ。
職業人として、忙しくもこんなにうれしいことはない。
各プロポーザルには、自分の持ちうる時間を要して、考えられる英知を結集した。
さて、いくつ獲得できるのであろうか。
ドキドキの日々がしばらく、つづく。
   *
ドキドキといえば、我が家の息子たちの高校受験が終わった。
2人とも無事、合格の知らせが届く。
4月からは、それぞれの高校に進む。
我が家も、次なるステージを迎える。

« あの日から1年 | トップページ | 3月も残り10日 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの日から1年 | トップページ | 3月も残り10日 »