« マクドナルドのV字回復 | トップページ | 新聞に記事を提供することに »

メール、evernote仕事術

近ごろは「メール」で仕事が進行する。
以前であれば、書類があったりFAXで紙が送られてきたりしていたが、
それが、9割型メールとなった。
アポとりはもちろん、
原稿内容、
その確認、直しの指示
校正や依頼や修正など
すべてが、メールベースになっている。
すると、ミスも発生する。
・読み落とす
・下の方に書いてあることを見落とす
・どこへいったか探すことができない
・どこを直したのかわからなくなる
・そもそも原本がどれかわからなくなる
などなど。
いちいち、プリントアウトして紙で見えるようにする、ことも有効だが、
この場合の最大のネックは、メールに記載された「URL先がクリックできない」ことがある。
「このページを参照してほしい」と付けられたページのアドレスが見られない。
長いアドレスをいちいち打ち込むこともしてられない。
そんな課題に悩みながら、
今、「evernote」を使った仕事の進め方を模索する。
やり方はこうだ。
1)メールをもらと、その中身(本文・添付物)をコピペしてevernoteに移す
2)プロジェクト別を基本とし、月日をナンバーに、その中身に番号を付ける。このナンバーがすなわち、やることリストTo doリストとなる(例えば、0327−1、0327−2とか)
3)必要とあれば、紙のノートにそのナンバーをメモる
4)そうした上で、メールはアーカイブし、evernoteをiPadで見ながら、パソコンで処理していく
5)完了した作業は、evernote上で色を変える
こうすることで、少しでも効率的かつモレがないようになる。
皆さんは、どうやってこの種のことに対処しているのだろうか。
知りたい。

« マクドナルドのV字回復 | トップページ | 新聞に記事を提供することに »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクドナルドのV字回復 | トップページ | 新聞に記事を提供することに »