« 高橋尚子さんトークショーフォーラム | トップページ | 「経営者の条件」を再読する »

乳首のハレと、おもりをつけてみた

1時間ほどのランニング練習から戻り、シャワーをあびようとしたら、胸が痛い。
なんだろうと思ってよく見たら、なんと「乳首」が真っ赤にはれているではないか。
外は寒い → 乳首が固くなる(笑 → シャツにこすれる → はれる
という症状のように思う。
マズいなあと思いながらもネットで検索してみると、
ランナーの皆さんは結構、このトラブルに悩まれていることがわかった。
ひどい人は、血が出て、それがシャツにつき「周りの人からどん引きされた・・・」などという笑えない報告もされている。
ワタシも、結構、痛かったので、小さいバンドエイドを乳首に貼ってみた。
なさけない姿に自分でも苦笑ものだが、痛さにはかえられない。
翌日は、両方に貼り、走ってみる。
OK、なんの問題もなく、快調である。
ただ、問題はバンドエイドをはがす時である。
私の乳首のまわりには、意外にも多数毛がはえておりどうやってはがせば痛くないか、模索中デス…

ランニングの話題でいえば、もう一つ。
まだこの時期は外は寒く、長時間の練習ができにくいことから、
「同じ時間内でも、負荷を高くすれば効果が期待できるのでは?」
という単純な思いつきから、子どもが持っていた足につける「おもり」をつけて走ってみることにした。
片足1.5kgのおもりを両足に。合計3kgを装着してみる。
たかが3キロ、されど3キロ。
歩く分には、ちょうどいい負荷に感じたが、走るとなると、しかも滑りやすい雪道ではなおさら、ずしりとくる。
途中、2〜3キロ走っただけで、後悔した。
いつもの数倍、汗が出る。
効果のほどは、わからない。
しかし、まあ、たまにはこんな練習もいいかもしれない。
我ながら、アホだなあと思いながらも、トレーニングに励む日々である・・・

« 高橋尚子さんトークショーフォーラム | トップページ | 「経営者の条件」を再読する »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高橋尚子さんトークショーフォーラム | トップページ | 「経営者の条件」を再読する »