« 雑誌の付録戦争のなれのはてに | トップページ | 「朝食前に雪原を歩こう」健康増進ツアーが開催 »

内藤先生とのランニング練習

朝、家の回りの除雪を行い、ファンストーブ排気口の周りの雪を取り除く。
庭には、どのくらいの量であろうか、排気口を埋め尽くしてしまうほどの勢いで雪が積もり重なっている。
やろう、やろうと思っていた作業であり、落雪で壊されてしまう前に対処ができて良かった。
ホッとひと息ついてあたりを見渡すと、朝日にキラキラ光るダイヤモンドダストが見えていた。今シーズンはやたらと、このすばらしい現象を見ることができるように思う。それだけ、厳しい冬なのであろう。
そうこうしているうちに、今日は「天気がいい」ということに気づいた。
太陽が輝き、空が青い。
こういう日は、撮影びよりである。
最近の天気予報がさっぱり当たらないばかりか、あてにならないので、「この日はチャンス!」とばかりに取材&撮影に行く準備をした。
向かった先は、北広島市。
スノーワールドを撮影・紹介すべくクルマを走らせる。
しかし、冬の取材は難しい。
「太陽が出て青空であること」が前提条件でありかつ、人がいっぱいいて賑わっているような絵が撮れなくてはならない。
現場に着くと、この条件が整っていない(涙
太陽が雲に隠れ始め、人もまばら状態・・・
数カットを撮影するものの、取材をあきらめ、次回へと希望をつなぐ。
空いた時間をどうしようか・・・
悩んだあげく北広島市の「図書館」を目指すことにする。
この「北広島市図書館」はすばらしかった。
静かな雰囲気の中、持参した本が読め、なおかつ持って入ったパソコンで原稿作成作業などがはかどったのである。
気がつけば、あっという間に時間が経過していた。
それほど、快適に集中できた。
その後、次の約束の目的地であるJR上野幌駅にほど近い温泉施設に向かう。
ここでは、サロマンブルーの称号を持ち、ランナーとして社会人として尊敬してやまない内藤先生と待ち合わせをする。
久々の合同練習会だ。
サロマ100キロマラソンに向け一緒に練習していただけませんか、というワタシのお願いに快く快諾していただいたもの。ひさしぶりにお会いする。
内藤先生はお変わりなかった。お互いクルマで着替え、冬空の下ランニングに向かう。
白石のサイクリングロードを約10キロを一緒に走ることにした。
近況報告、サロマ出場への経緯。仲間がいっぱいできた、どんな練習をすればいいのか・・・走りながらの話題は尽きない。
あっという間の1時間ちょっと。
その後、一緒に温泉に入浴した。
ひさびさ、楽しく充実した練習&休日の時間となる。
考えてみれば、土日に「仕事」や「家族」以外の自分の時間というものをほとんど持ち合わせていないことに気づいた。
仕事仲間を除けば、いわゆる「友達」という分野に属する人がいないことにハッとする。
そんな日々を過ごすワタシにとって、今日のような「ランニングの先輩」と過ごす時間はなによりにもまして楽しい貴重な時間であった。
「読書」と「マラソン」をこよなく愛す、医師である内藤先生との貴重な練習時間を通じて、今年の「命がけ」のチャレンジである「サロマ100キロウルトラマン」への道。
このワクワクドキドキのチャレンジに、かくも素晴らしい先輩に恵まれワタシはうれしい。
いや〜、今日はほんとうに充実、楽しいものであった。
次回は3月だ・・・

« 雑誌の付録戦争のなれのはてに | トップページ | 「朝食前に雪原を歩こう」健康増進ツアーが開催 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌の付録戦争のなれのはてに | トップページ | 「朝食前に雪原を歩こう」健康増進ツアーが開催 »