« 神田昌典さんの久々の「2022ー これから10年、活躍できる人の条件」 | トップページ | 持ち歩く道具孝 »

厳しい寒さの中で

連日、厳しい寒さがつづく。
我が家のあたりも、放射冷却現象とやらでマイナス20℃近くにもなっていた。
マイナス20℃の世界は「痛い」。
耳が特にそう感じる。
また、空気もうかつに吸い込むと「むせる」。
口を細くして、そっと呼吸しないとだめである。
雪を踏みしめる音も、大きくなる。
ギュツ、ギュツとうるさいくらいに音が響く。
そんな厳しい自然界のなか、世の中も、ビジネスもまわっていく。
集客用のチラシをつくり、
パンフレットの企画案をディレクションし、
ウェブサイトの運営を行う。
今週は、新店オープンのうれしい打合せもあった。
そうこうしているうちに、1月も残すところ数日。
まったくもって時間の進み具合は、実にはやい。
気をひきしめて事にあたらねば、何もなされずに時間ばかりが過ぎていくようにも思う。
そうだ、計画だ。
計画という目標を手帳に記し、
きっちりと、それを消し込む習慣を取り戻さねば。
ちょっと、ぬるい自分がいた。

« 神田昌典さんの久々の「2022ー これから10年、活躍できる人の条件」 | トップページ | 持ち歩く道具孝 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神田昌典さんの久々の「2022ー これから10年、活躍できる人の条件」 | トップページ | 持ち歩く道具孝 »