« ランニングと読書 | トップページ | 2011年もラスト3日 »

クラウドワーカー

「クラウド仕事術」岡田充弘著、明日香出版社にこんな絵がある。

111227_6_35_16

体力勝負の「単なるワーカー」から、

知識が勝負の「ナレッジワーカー」に変化し、

そして今や時代は「クラウドワーカー」になっているという。

このクラウドワーカーは、「ITリテラシー」を使い、「問題解決能力+創造力」が勝負だという。

まったく同感だ。

成熟期の日本の社会において、必要とされる能力は、まさにこの<問題解決能力+創造力>なのだと思う。

イノベーションを起こす力。

ブルーオーシャンを開拓する力、とも言えるかもしれない。

筆者によれば、クラウドワーカーは、以下の特長があるという。

・変化の波に乗る準備万端のクラウドワーカー

・オフィスにべったりな働き方と違い、クラウドワーカーは社内外を飛び回る

・フットワークが軽く、多彩なネットワーク人脈を保有

・とにかくすぐやる圧倒的なスピード感

今を生きるビジネスマンとして、心して磨きたい能力のひとつだ。

« ランニングと読書 | トップページ | 2011年もラスト3日 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランニングと読書 | トップページ | 2011年もラスト3日 »