« 2011年もラスト3日 | トップページ | 2011年の大晦日 »

進化する歩みを見せる

武沢さんのメルマガ「がんばれ社長」にとても参考になる記事があった。

以下、その一部を。

===

●あとで分かったのだが、この町で一番人気の居酒屋で他店からも見

学に訪れるほどがんばっている居酒屋らしい。

まず気づいたことは、店内に活気があること。どの店員も笑顔で、動

作や言葉づかいもキビキビしていて気持ちが良い。

●次に目に飛び込んできたのは、壁に貼ってある大きな黄色い紙。

ポスターよりも大きな紙には「居酒屋○○○ 進化の歩み」と題して、

お店の改善の記録が載っていた。

●たとえばこんな具合。

・平成21年4月19日

水炊きの本鰹ダシの素材をより上質なものに変更。より一層コク

のあるお味に改善させていただきました。

・平成21年4月23日

刺身のワサビが少ないとの声を頂戴し、即日、分量を2倍にいたし

ました。(改善前と改善後のわさびの写真付き)

・平成21年4月28日

混雑時にレジが混み合うため、お席で料金の精算をしていただけ

るようにいたしました。

・平成21年4月30日

車で初めてお越しになる方からお店の場所が分かりづらいとの声

を頂戴し、県道沿いの野立看板を増やしました。

・平成21年5月4日

ホッケの干物が肉薄との苦情を頂戴し、納入業者と交渉して価格

据え置きのまま肉厚なホッケに変更いたしました。業者様のご協

力にも感謝いたします。(業者の担当者らしき人の顔写真)

・・・etc.

ところどころ、写真やイラストも使って解説してある。

ざっと見たところ、少なくとも毎週ひとつは何かを進化させているよ

うだ。

●この黄色い紙が店内のいたるところに貼ってある。まじまじと読ん

でいるお客もいる。お客の声を吸収するために、各座席にカードが置

いてあった。

「素晴らしいお店ですね」、私はそう書き置いてきた。

●「進化し続けるお店」という姿勢をアピールすることでお客がリピ

ートしやすくなるのは間違いない。

お客の声を聞くのはもちろんのこと、集まった声にどのように対応し

ているのかを公表しよう。

お客の声をたくさん集め、それをもとに進化するお店、進化する会社

になろう。

===

1週間にひとつでも、進化する。

改善する。

新しいことをする。

一歩一歩は小さなイノベーションかもしれないが、それが重なればやがてはすごい変化になる。

来年へのヒントをいただいたようだ。

« 2011年もラスト3日 | トップページ | 2011年の大晦日 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年もラスト3日 | トップページ | 2011年の大晦日 »