« 何も咲かない寒い日は | トップページ | カタカナ、ひらがな、漢字の表現 »

起業家的な体質になるために

起業家精神のための具体的な方策について、ドラッカーはこう言っている。

起業家的な企業では2つの会議を開く。

一つは問題に集中する会議であり、もう一つは機会に集中する会議である。

半年に一度、2日間に及ぶ会議を開いているメーカーもある。ここでは、成功の要因を報告する。何を行ったか、いかに機会を見つけたか、何を学んだか、そして現在いかなるイノベーションの計画を持っているかを報告する。

そして、トップが皆さんの話を聞きたいとして、

この会社がどこにチャンスがあり、どこに問題があると思っているかを聞く。

この種の会合は頻繁に開く必要はない。

しかし、必ずもたなければならない。

会社全体に起業家的なものの見方を浸透させることができるからである。

(「イノベーションと企業家精神」183P)

ワタシのチームでも、やっておかねばならない。

来週のMTGで聞いてみよう。

« 何も咲かない寒い日は | トップページ | カタカナ、ひらがな、漢字の表現 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何も咲かない寒い日は | トップページ | カタカナ、ひらがな、漢字の表現 »