« 2泊3日の出張予定 | トップページ | 来年の計画を立てよう »

帯広→鹿部、出張記

2泊3日で帯広、鹿部と出張してきた。

まずは、帯広へ。

13時札幌発の都市間バス「ポテトライナー」に乗る。

全面開通した道東道を体験してみたかったからだ。

今までの難所・日勝峠がうそのように、ゆるやかなカーブと直線の道路を走る。途中、占冠でトイレ休憩がありながら、16時には帯広駅へ到着。

所要時間はわずか3時間である。これで、3,670円。

帯広と札幌がますます近くなった。

帯広入りし、やっぱり食べたい豚丼を食してセミナー会場入り。

111117_20_03_20

「帯広ビジネス塾」。

30名近くに参加していただいた。

約90分、「マーケティング3.0」についてお話させていただいた。

懇親会、2次会とつづき、ホテルに帰ったのは24時ごろ。

ひとり、クールダウンの時間を要して寝る。

翌朝は6時半出発。6:48帯広発の一番列車で道南は鹿部町を目指す。

ホテルの朝食は7時からだったため、サンドイッチセットをつくっていただき車内で食す。

9:04分、南千歳駅で函館行きの特急に乗り換え。

10:43分、長万部駅で各駅停車のローカルに乗り換え鹿部を目指す。

111118_12_30_05

初めて乗った、1両編成のローカル線。

各駅に止まりながら、約2時間弱ゆられる。乗客は少ない。帰省客がひとり、ふたり。地元系のおばちゃん、学生が乗り込んできては数駅で降りていく。

ビジネスマン風で永遠と乗車しているのはワタシくらいだ。

運転手はさぞ、不審に思っていたことだろう。

111118_11_44_03

車窓から見える、道南の名峰・駒ケ岳。

裾野が広く雄大な山だ。

目指すマチ、鹿部町はこの山の麓の海側に位置する。

12:30、定刻どおり、無事到着。

レンタカーで迎えに来てくれた鈴木さんたちに拾っていただいた。

111118_15_11_14

鹿部町は人口約5,000人の漁業のまち。

大和ハウス系のリゾートホテルがあり、リゾートの住宅エリアもあることから近年珍しく人口減少が進んでいないまちである。

111118_18_42_05

町にある「大寿し」さんのセット。

これが、実に美味しい。びっくりする味と良心的な値段に一同驚く。111118_21_10_56

今回の宿泊先である「鹿部ロイヤルホテル」。

駒ケ岳を正面に見ることができ、反対側には一面噴火湾が見渡せるホテルだ。

鹿部町では1泊2日で、ひと通り回らせていただき、函館から帰札。

今回も濃く、いろいろな素晴らしい発見があった出張となった。

« 2泊3日の出張予定 | トップページ | 来年の計画を立てよう »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2泊3日の出張予定 | トップページ | 来年の計画を立てよう »