« 高齢者、ゲームセンターに今や常連 | トップページ | 「新5カ年計画」を練る »

滝川にある日本一、「たきかわスカイパーク」

滝川にある日本一。

「たきかわスカイパーク」。

グライダーのフライト回数が日本一を誇り、全国から愛好家が集まる「聖地」となっているそうだ。

グライダーの滑空場は全国で44か所あるという。

そのうち、道内には11か所もある。

その大半は愛好者団体の管理で、週末のみの利用が多い。

これに対し、滝川の同パークは4月~11月のシーズン中はスタッフら10名が常駐する全国屈指の滑空場となっているそうだ。

滝川でグライダーが初めて飛んだのは1981年。

市内に広い河川敷があり、近くに空港がなく飛行に制約もないことから、当時の市長が「空を使って青少年の健全育成を」と発案。

以来、30年の歴史を重ねているという。

毎日飛行でき、講習会も開く滑空場は全国で見てもここだけだそう。

観光客向けの10分間7千円の体験飛行も行っている。

こういう「日本一」があちこちにどんどん増えれば、いい。

__

« 高齢者、ゲームセンターに今や常連 | トップページ | 「新5カ年計画」を練る »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢者、ゲームセンターに今や常連 | トップページ | 「新5カ年計画」を練る »