« 5つの強み | トップページ | 「原稿」を、どうつくるのか »

Dropboxを使ってプロジェクトを進行してみる

大井さんに調整いただき、再びDropboxというクラウドサービスを使い始めた。

あるプロジェクトチームで、データを共有しながら進めているものだ。

久しぶりに使ってみて、そのカンタンさに驚く。

そして、快適だ。

今まで、メールに添付して受け渡しをしていた写真や文章のデータが、一瞬にして完了する。

しかも、ワタシ以外のチームメンバー皆のデータも確認できるのだ。

スゴイのは、そればかりではない。

普段、持ち歩いているアイフォンからでも、データのすべてがパソコンと同様にストレスなく見ることができる。

このDropboxというサービスを使えば、

しかも、チーム作業で使えば、いろいろなことがスムーズに進むように思う。

いつでも、

どこからでも、

どんな機械からでも、

作業を進めることができる。

チームメンバーのある人は、道南の町の取材先から原稿をアップし、

ある人は、それをオフィスで組み上げるだろう。

また、ある人は出張先のホテルから写真をチェックし、キャプションのアカ入れを行うこともできる。

グループで、ひとつのものを仕上げていくような仕事の時には、

ものすごい威力を発揮するような、そんなクラウド仕事術だ。

Dropboxの使い方を、もっと研究してみようと思う。

« 5つの強み | トップページ | 「原稿」を、どうつくるのか »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5つの強み | トップページ | 「原稿」を、どうつくるのか »