« 8月スタートの月曜日 | トップページ | 痛みはつづく »

苦境に陥るパターン

とある会社の苦境を聞く。

支払いが滞り、社員が辞めていく。

典型的な衰退のパターンだ。

思えば、この会社、数年前は絶好調を記録していた。

それからわずかな年月で、天国と地獄を見る。

中小企業の場合には、こんな例がごまんとある。

それだけ、世の中の変化が激しいということもあるが、

目の前の仕事をこなしてばかりいると、

それが終わると何もなくなっていた、ということはよくあることだ。

短期と長期のバランスを欠いていたということも言える。

目先の仕事に全力投球しながらも、遠く10年後のあるべき姿も正確に直視する。

文字にするとカンタンなことが、実際には難しい。

特に、市場環境の変化は、内部からは見えにくい。

いや、見えているのだろうが、分厚いレンズのせいでゆがんで映っている。

そこには、過信もあるだろう。

慢心もあったかもしれない。

できることは、現状を冷静に直視し、考えられる打ち手をひとつひとつ実行に移していくしかない。

そんな時こそ、ワタシは力になりたいと

切に思う。

« 8月スタートの月曜日 | トップページ | 痛みはつづく »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月スタートの月曜日 | トップページ | 痛みはつづく »