« 2011年のお盆 | トップページ | 今年のビアガーデンが好調 »

「土光敏夫100の言葉~清貧と復興」出町譲著

元経団連会長・土光敏夫さんのことばを集めた一冊、

「土光敏夫100の言葉~清貧と復興」出町譲著、を読む。

明治に生まれ、戦後復興に全力を尽くし、

高度経済成長を駆け抜けた男。

晩年は、国家再建に命を燃やし、私生活では贅沢を嫌い、社長時代も生活費は月3万円だったという、土光さん。

「今こそ、『メザシの土光さん』の話を聞こう」と書かれた一冊からは、重くどっしりとした深いメッセージがあふれている。

・個人は質素に、社会は豊かに

・執念を持って仕事をせよ

・「できない」「むり」「むずかしい」は禁句

・「今時の若い者」と対話せよ

・女性を適所に配置し、能力開発を

・ボルト一本までチェックせよ

・冬のすき間風、夏の蒸し暑さ、それもよし

などなど。

著者は、いまこそ、土光さんの言葉が「驚くほど新鮮な輝きを放つ」という。

そして「土光さんのような執念を持った生き方、そしてその生き方が刻みこまれた土光さんの言葉の力が必要だと切に思う」と記す。

ガツンと胎に落ちる、おすすめの一冊だ。

« 2011年のお盆 | トップページ | 今年のビアガーデンが好調 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年のお盆 | トップページ | 今年のビアガーデンが好調 »