« 30年後の夢 | トップページ | 原稿制作を、まねぶ »

「吉越式クラウド仕事術」を読む

「吉越式クラウド仕事術」を読む。

副題にある「Evernote+Gメールですべての情報を締切日管理しよう」にひかれた。

エバーノートも、Gメールも近年好評のクラウドサービスのひとつだ。

ワタシも導入はしている。

しかし、これがいまひとつ上手く使えていない。

この解決のヒントになれば! という思いで読み進める。

氏は、「仕事の基本思想は順守し、それを新しい道具で改善しつづけろ」という。

その基本思想とは「デッドライン」。締切りを設けるということだ。

・すべての仕事、書類には締め切りがある

・締め切りは自分で決める

・その締め切りは絶対に守る

これを新しい道具(=クラウドサービス)によって、もっと使いやすいようにして生産性を上げ、プライベートの時間を楽しむべきだ、と主張する。

なるほど、総論納得。

が、各論はワタシには少々システマチックすぎるようではある。

しかし、この便利そうなサービスの恩恵を一番に受けられるのは、我々のようなノマドワーカーだ。

いつでも、どこでも、どこからでも仕事ができ、成果を上げる・・・

吉越式を参考に、試行錯誤だ。

« 30年後の夢 | トップページ | 原稿制作を、まねぶ »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年後の夢 | トップページ | 原稿制作を、まねぶ »