« 札幌ドームの「6時間リレーマラソン」 | トップページ | 「明日へのステップに」するために »

7月のビジネス塾は夏季オープンセミナー

7月のビジネス塾は夏季オープンセミナーだ。

テーマは「不易流行」。

原理原則と時流適応について学ぶ。

Photo

経営コンサルタントの和田先生から。

今、日本の現状。

・高度経済成長期のあらゆるモデルが、そのライフサイクルの終焉を迎えた

・日本のトップ産業である電器メーカーが、韓国・台湾・中国勢に負けた

・アジア諸国の生産力が上がり、日本の地位が相対的に下がってきた

・国の財政の悪化

・少子高齢化のさらなる進展

・働かない人の急増

・ITの普及によって産業構造、ビジネスモデル、ライフスタイルの変化

これらの時流の変化に適応しながらも、

一方では、経営の原理原則を徹底すべし、という。

その原理原則とは。

・経営理念の構築と浸透

・人材育成

・顧客志向と細かなマーケティング戦略

・三方好し

・人間力の向上

・強みを伸ばす経営

・自己資本増強など財務強化

・「独自性」の追求

・「小さくてもNO1」戦略

これらを徹底する。

商品・サービス・価格を、どこよりもよりよいものとする。

さらに言えば、

技術・デザイン・ライフスタイルを磨くものがヒットにつながる。

今回も学びと気づきが多いセミナーであった。

« 札幌ドームの「6時間リレーマラソン」 | トップページ | 「明日へのステップに」するために »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 札幌ドームの「6時間リレーマラソン」 | トップページ | 「明日へのステップに」するために »