« 「サッポロビール北海道工場」で工場見学はいかが? | トップページ | 男・社会人の50歳とは »

サロマ100キロに挑む内藤先生

大麻クリニックの内藤先生が、100キロマラソンに挑んでいる。

「サロマ100キロウルトラマラソン」大会。

スタートは朝の5時だから、いまごろ、何キロを重ねているのだろうか。

内藤先生は、今年は夢のエントリーだそうだ。

なんとサロマの100キロ完走の10回目となる今年のレース。

この過酷なレースを10回以上完走した方だけに贈られる「サロマンブルー」という称号がある。

そのサロマンブルーの栄光をかけたスタートだ。

サロマは過酷だ。暑さや寒さと闘い、水分や食糧に配慮し、自分と闘う。

ゴールは夕方。12時間近くをかけて100キロを走り抜く。

これに挑むだけでもすごいのに、10年10回の完走を目指すとは・・・

改めて、敬意を表するとともに、

夢のゴールへエールをおくりたい。

« 「サッポロビール北海道工場」で工場見学はいかが? | トップページ | 男・社会人の50歳とは »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「サッポロビール北海道工場」で工場見学はいかが? | トップページ | 男・社会人の50歳とは »