« 男・社会人の50歳とは | トップページ | 連続と変化と、断絶 »

ドラッカー読書会、6月

ミ-ティングやら打合せが終了し、

ちょっと中途半端な数時間があいてしまった。

自分の仕事場に戻ろうか、どうしようか悩む。

「うーん」とうなっていると名案が浮かんだ。

「そうだ! 北大の図書館にこもろう」。あそこなら、電源も確保でき静かな環境で仕事もはかどるであろうことを思い出し、一路、北海道大学へ向う。

しかし、無情にも、そこはリニューアル工事中で「閉館中」の文字が・・・

今週まで使えないという。

気を取り直し、近くのネットカフェに行くことにする。

「やるぞー」と意気込んでみたものの、パソコンの通信回線のスピードがやたら遅い。

メールの送受信にもひどく時間を要し、テンションはどんどん下がっていく・・・

結局、3時間近くいたものの、たいした仕事ができずに1,600円を払い読書会会場へ向かう。

しかし、「ドラッカー読書会」ではそんなイマイチな一日を振り払うような、充実した時間となる。

「創造する経営者」の7~9章を読み進める。

「知識が事業である」、「これがわが社の事業である」、「強みを基礎とする」。

参加されるメンバーの方々の体験談がからみあい、実に胎に落ちる。

この読書会、参加者は10数名。業種もさまざま。年齢もさまざま。

だからおもしろい、のかもしれない。

次回は7月25日(月)、18:30~だ。

6

« 男・社会人の50歳とは | トップページ | 連続と変化と、断絶 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男・社会人の50歳とは | トップページ | 連続と変化と、断絶 »