« 月刊「致知」3月号の特集は「運とツキの法則」 | トップページ | 2月3Wの業務 »

ランニングと雪模様

家族のカゼ&インフルエンザ流行もおさまり、平常にもどる。

天気も良かったことから、久々のランニング練習に出かける。

約1時間弱、走る。

真っ白い世界に輝く太陽。

遠く秀峰・夕張岳や富良野方面の十勝岳らが見えるコースをとる。

冬の北海道は、ほんとうにきれいだ。

そんなことを感じながら走っていると、たまにランナーにすれちがう。

同志を見つけると、うれしい。

会釈をし、声をかける。

力をもらえる。

Yukimoyou

自宅近くのランニングコースで、こんな雪模様に出会った。

吹雪の軌跡。時に自然は美しい模様を描き出す。

練習のごほうび、のような気がした。

« 月刊「致知」3月号の特集は「運とツキの法則」 | トップページ | 2月3Wの業務 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊「致知」3月号の特集は「運とツキの法則」 | トップページ | 2月3Wの業務 »