« スキー場の奮闘 | トップページ | 「実践するドラッカー[チーム編]」を読む »

リュックサックタイプのカバンを買う

普段、ビジネスの現場でパソコンを持ち歩かねばならなくなり、ついで、取材用の一眼レフカメラも持ち歩く必要性にかられている。

そんなこんなで、先日、ビジネスバックを大きいものに替えた。

たっぷり入ると、よろこんで使っていたのだが、

大容量ということは、

便利な反面、重い。

重量がありすぎて、手が痛くなってきた。

交互に持ちかえる回数が多くなりすぎた。

そこで、以前も、登山用につかっており、たまに出張などで使っているリュックサックを試していたが、思いきって、ビジネス用のリュックを買うことに決めた。

鈴木さんをはじめ、佐藤さんらも使っているというTUMIのものがいいということを聞いたが、いかんせん高額。

初心者に使いこなせないかもしれないと思い、ヨドバシで「アルファ2ルームリュック」(6,980円)を購入した。

V6010635

ワタシの仕事の7つ道具は、

・VAIOのA4サイズのパソコン(電源も)。メールとパワーポイント必須。

・イーモバイル通信カード

・ニコンの一眼レフカメラ

・iPhone(電話、メール、WEB検索、メモ)

・ノート(取材用、思考用)

・案件ごとのA4のクリアファイル資料群

・ラフスケッチや企画、構成を考えるA4の紙

・手帳

・各種ペン(アカペン、クロペン、シャープペンシル、消しゴム)

・ポストイット(2タイプ)

そして、これらに加えて読みかけの本や雑誌などがある。

以上をひとつにまとめて、あっちこっちと移動しながら仕事をする。

そのための入れ物。

リュックサックタイプは、街で背負っていても、なんだか楽しい。

山へ行く時に似たような気分になれる。

いや、山行も仕事行も、ワタシにとっては同じ「冒険」に近いものかもしれない。

未知なるものを見るために、コツコツと慎重に歩みを重ね、ミッションを無事に達成してくる。

そのための道具類一式を背負う、バックパック。

そう考えると、なんだか、明日がいっそう楽しくなってきた。

« スキー場の奮闘 | トップページ | 「実践するドラッカー[チーム編]」を読む »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スキー場の奮闘 | トップページ | 「実践するドラッカー[チーム編]」を読む »