« 農商工連携の地域ブランド戦略 | トップページ | 日新堂印刷の阿部さんが新聞に出る »

年収3,000万円を稼ぐためには

土井さんの「ビジネスブックマラソン」というメルマガから。

   =
あなたは、現在の日本で、年収3000万円を超える人が何人いるか
ご存知でしょうか?
統計によると、現在の日本の労働力人口は6650万人。そのうち、年
収3000万円超の人は16万353人。
ちょうど3000万円の人を除いて計算すれば、働く人全体の0.3%前
後、つまり1000人に3人しかいないそうです。
では、その1000人に3人の人材とは一体どんな人間なのか。
それを調査したのが、本日ご紹介する一冊『30代で年収3000万円を
実現した300人に聞いた!稼げる人稼げない人』です。
知人経由の調査であり、厳密さには欠けるものの、年収3000万円の
人の声をここまで集めた本というのも珍しい。
そういう意味では、一読に値する一冊です。
年収3000万円超を実現している人は、毎月平均9.88冊の本を読んで
いるのです。
やはり、成功するには読書は必要不可欠。
本気で成功したい方は、まずは本書を読むことから始めてみてはい
かがでしょうか。
専門家(フリーエージェント、フリーランスを含めた弁護士、会計
士、税理士、コンサルタント、専門的なサービス提供者)で30代で
年収3000万円を実現した人のパターン
1.大学を卒業する
2.専門サービスを提供する企業か、師匠のような専門家のところで働く
3.本気で働く
4.いろいろな仕事を任される+自分にお客様がつく
5.独立
6.前職時代のお客様、紹介などで拡大
◆30代で年収3000万円を実現した人と、そうでない人の違い
1.「変われる」という違い
2.「本気で働く」という違い
3.実現に至るまでの「手順」という違い
「たいていの人は、余計なことをやりすぎですよ。大事なのは、し
ないことを決めるってことです」
普通の人が1年間で読む書籍の数よりも、30代で年収3000万円を実
現した人が1カ月で読む書籍の数のほうが多い
◆30代で年収3000万円を実現した人が、ゼロからならこうするとい
 うアドバイス
1.弟子入りする
2.好き・強みを磨く
3.目標を設定する
4.やってみる
5.思考を身につける
   =
非常に興味深いというか、参考になることが書かれている。
なにも、収入の多さが成功の判断基準ではないが、お客や世間から支持を得られている結果というふうにとらえれば、収入(≒利益)は多いにこしたことはない。
参考にしたい。

« 農商工連携の地域ブランド戦略 | トップページ | 日新堂印刷の阿部さんが新聞に出る »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 農商工連携の地域ブランド戦略 | トップページ | 日新堂印刷の阿部さんが新聞に出る »