« 中学校の文化祭 | トップページ | 第8回北海道宝島塾で学ぶ »

マクドナルドの創業者、レイ・クロック氏の自伝から

マクドナルドの創業者、レイ・クロック氏の自伝を読む。

邦題「成功はゴミ箱の中に」。

ユニクロ・柳井正さん、ソフトバンク・孫正義さんが「これが僕たちの人生のバイブルだ」と称する一冊。

内容は、世界一の億万長者を生んだ男の金言にみちあふれている。

「Be daring,Be first,Be differant」

<勇気をもって、誰よりも先に、人と違ったことをする>

柳井さんが手帳に書き写したということばだ。

まさに、商売の真髄。

1954年、52歳だったレイ・クロック氏は当時、ミキサーを売るために全米を旅していた。

そんな彼がロサンゼルス郊外で出会ったのが、マクドナルド兄弟のハンバーガー・レストランだった。

清潔な店内、シンプルなメニュー構成、標準化された調理手順、セルフサービスによる効率化などに感心したクロック氏はこれをチェーン化したいという望みを抱く。

それが、始まりだったという。

52歳という遅いスタートにもかかわらず、彼は大きな成功を収めた。

まさに、アメリカンドリームの象徴のようだ。

その彼の信条。

「Be daring,Be first,Be differant」

<勇気をもって、誰よりも先に、人と違ったことをする>

噛みしめたい、金言だ。

« 中学校の文化祭 | トップページ | 第8回北海道宝島塾で学ぶ »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学校の文化祭 | トップページ | 第8回北海道宝島塾で学ぶ »