« 常識 | トップページ | 石川さんのモバイル仕事スタイルを見る »

チリで起こった鉱山事故

南米チリで起こった鉱山事故。

その引き上げの秒読みが始まった。

救出の順番をめぐって、地下に閉じ込められた作業員は口々に「自分が最後でかまわない」と、語っているそうだ。

まったくもって、感動と尊敬の念をおぼえる。

順番に関して言えば、

つたえられるところによれば、

最初に引き上げられる人は、「最も経験のある者」だそうだ。

それは、何が起こるかわからないからという理由による。

次は、「病弱な者」。

そして、最後になる人は「最も、精神的につよい者」、だという。

地下約700メートルに閉じ込められている33人。全員救出には、実に48時間を要すると伝えられる。

全員が救出されるまでまってから、全員で病院に行くことを希望しているともいう。

事故発生から2か月あまりを経て始まる例を見ないドキュメンタリーに、全世界の注目が集まる。

成功を、願うばかりだ。

« 常識 | トップページ | 石川さんのモバイル仕事スタイルを見る »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 常識 | トップページ | 石川さんのモバイル仕事スタイルを見る »