« マクドナルドの創業者、レイ・クロック氏の自伝から | トップページ | 「小樽ビジネス塾」10月度の講演 »

第8回北海道宝島塾で学ぶ

「第8回北海道宝島塾」に顔を出す。

この会は、北海道宝島旅行社さんが主催するフォーラムのような勉強&情報交換会。

2か月に1度開かれている。

今回のテーマは「スポーツとアート」のツーリズム。

スキーやマラソンといったスポーツ分野からの観光振興。

また、「合宿」といったニーズの報告がなされる。

北海道に来る合宿利用者は実に、4万人にもなるという。

1位:陸上 2位:スキー 3位:サッカー だそうだ。

北海道は「夏は涼しい、冬は雪がある」から。

なるほど、確かにそうだ。

ここをもっと強化、アピールすればという指摘。

アート分野では「札幌ビエンナーレ」プロジェクトについて知る。

国内や海外での先進事例から、ここ札幌での取り組みについて発表があった。

今回も学び多く、収穫の多い時間となった。

Takarajimajyuku

« マクドナルドの創業者、レイ・クロック氏の自伝から | トップページ | 「小樽ビジネス塾」10月度の講演 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクドナルドの創業者、レイ・クロック氏の自伝から | トップページ | 「小樽ビジネス塾」10月度の講演 »