« 苦境時の心構え | トップページ | マーケティングの古いルール »

国営滝野すずらん丘陵公園の取材から

開園27年目、国営滝野すずらん丘陵公園では待望の滝野の森西エリア(自然博物園)がオープンした

これにより、同公園は全園開園となった。 

DSC_4407.JPG

                   「森の観察デッキ」は5mの高さ。蛇行する川をはじめ森を空中から観察できる

新たにオープンした西エリアのテーマは「北国の自然と人との共生」。

自然博物園という名のもと、森を観察できる工夫がいろいろ整備されている。

新しいエリアには「滝野の森口」から入園。まずは、「森の情報館」で最新の情報をチェックしたい。

DSC_4390.JPG

「森の情報館」。各種ご案内なイベントの拠点となる場所。

DSC_4380.JPG

  

                           館内の展示コーナー。さわって体感できる工夫がいっぱい 

ここから、毎週日曜日・祝日には目玉企画の「滝野の森ガイドツアー」が出発する。

参加料は無料。こどもからシニアまで、多くの方々が森林ガイドさんからの説明に聞き入る。 

DSC_4400.JPG

                              森林ガイドさんは皆ボランティア

同エリア内をクルマで移動。

少し奥の滝野の森東エリア(20096月オープン)には、「森の交流館」がある。

ここでは、クラフト体験などができる「森の楽校」が開催されている(毎週日曜日・祝日のみ)。 

 

                     「森の楽校」、親子でオリジナルエコバック作りに挑戦 

6月のプログラムは葉っぱを採取してスタンプとして使うことで、

楽しみながら木々の特長などを学べるもの。

プログラムは毎月変わるとのこと。 DSC_4426.JPG                                                                            

                              完成作品の一例 

そして、東エリアの奥にある建物が「森見の塔」。

滝野の森のシンボルともなる高さ20mの展望台。

尾根にあるため360度視界が広がり、森や周辺の山々を一望することができる。 

DSC_4438.JPG

森見の塔、エレベーターもある

札幌岳、手稲山など札幌市内もぐる見渡せられる 

みどころたくさん、学びや発見がたのしい“滝野の森”。

従来の「渓流ゾーン」、「カントリーガーデン」、「こどもの谷」、「オートリゾート滝野」とあわせて

1日じっくり楽しめる公園だ。

特に、新設ゾーンは大人の趣き。時間をかけて楽しみたい。

DSC_4439.JPG

DSC_4421.JPG

« 苦境時の心構え | トップページ | マーケティングの古いルール »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦境時の心構え | トップページ | マーケティングの古いルール »