« 鍵山さんの生き方 | トップページ | ロールモデル(お手本)思考法 »

事業の目的のひとつとは

会社の目的とは何か。

この素朴かつ本質的な答えが、

「顧客を創造すること」

と、ドラッカーは指摘します。

(「現代の経営」上48P)

「事業家の行為が人間の欲求を有効需要に変えたとき、初めて顧客が生まれ、市場が生まれる」とあります。

そして、

「顧客が事業の土台であり、事業の存在を支える。顧客だけが雇用を創出する。そして、社会が企業に資源を託しているのは、その顧客に財やサービスを供給させるためである」

と指摘します。

お客さんこそ、すべて。

会社も大きくなればなるほど「本社機能」が肥大し、その維持活動に時間も労力もとられる。

いわゆる、内向きのこと、「問題」の解決にどうしても目が向いてしまいがちになります。

しかし、原点は外。

お客さんがいてはじめて、会社は成立する。

その上で、ドラッカーは、

「企業の目的が顧客の創造であることから、企業には2つの基本的な機能が存在することになる。

マーケティングとイノベーションである。

この2つの機能こそ、まさに企業家的機能である」

マーケティングは「セールスを不要にすることである」との有名なことばもあります。

売り込みをすることなく、売れる状態にもっていくことこそマーケティング。

そのカギは、お客さん一人ひとりのニーズ、不満なこと、不便さを理解することが出発点の気がします。

困っていることを解決してあげれば、お客さんは喜んでお金を払う。

どなたの言葉か忘れてしまいましたが、

「人生は良かった探し、ビジネスは困った探し」

という、うまい言葉を聞いたことがあります。

企業の基本的な機能であるマーケティングに長けるためには、お客さんの困りごとに丁寧に耳を傾けることを、しくみとして取り入れませんか。

« 鍵山さんの生き方 | トップページ | ロールモデル(お手本)思考法 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍵山さんの生き方 | トップページ | ロールモデル(お手本)思考法 »