« かっこよく生きる | トップページ | トホホな大ミス »

市場の変化

10月4日の「日経MJ」に興味深い分析記事が出ていました。

「人口減少社会でも、消費は底堅さ」と称しての消費分析記事です。

人口は減りはじめています。同時に1世帯当たりの世帯人数も減っている。これにより、市場構造が激変しているということが書かれています。

これまで、消費の主役であった「ファミリー層」の市場規模が減り、かわって「単身世帯」にシフトしてきた。この単身世帯も、これまでは「若年」の単身だったものが、「高齢者」の単身世帯が台頭してくる、というものです。

「おひとりさま市場」~これに向けて自社の商品・サービスを点検してみる。一人用にどう変化させられるかを検討することは重要な作業では、と感じています。

« かっこよく生きる | トップページ | トホホな大ミス »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かっこよく生きる | トップページ | トホホな大ミス »